社会人の英語、今後の傾向について

osVibAH4
今日はカフェに入り浸っておりましたが
英語を勉強している3名の方にヒアリングさせて頂くことになりました、
皆さん良い人で真面目に本気で答えてくださったように感じます

さて、傾向として感じたのが3つ

1、TOEICブームの陰り

あまりTOEICは気にしてないので世間的には今更なのかもしれませんが、
TOEIC人気に陰りが出ているなぁと感じました
「これを指標にしてる企業とか逆に不安になる」
なんて言葉が聴けて個人的に面白かったです

2、英語力のキープ

一度身に着けた英語を使う機会や必要性がないところでどのように効率よくキープするか?
みたいなところに興味がある方が多そうです

3、アウトプットへのニーズ

使う機会がある人に関しては、どうしたら結果が出せるか?
という物差しで捉えられているなと感じます
英語表現だけでなく、プラスアルファで効果的なプレゼン
みたいな形で実際に成果を出すことが求められてるようです

感想

全く状況が想定されない場への適応力も求められているのかもしれないなぁと感じました。
それと実際に必要とされてる方々からすると身について出来るとこまでケアしてくれるコンテンツが求められていそうです。
あとはアウトプットを図る資格とかにニーズがありそうですが、
TOEICのスピーキングテストは値段が高いし一般化の道のりは遠そうです

コメントする

カテゴリー: 活動記録

【開催告知】2015/07/26(Sun.) 本日の第12回ECLは新宿です!

こんにちわ!開催告知です!

~自分の学びは自分たちでデザインする
英語学習の新しい形~

ECLは”あなたが英語を勉強する背景”
それを大切に扱ってゆきます。

学ぶ理由も興味も、得意な学び方も
みんなそれぞれ違うはず。
本当にあなたに合う学び方を自分自身でデザインする
そんな力を手に入れられる場所を目指しています

◇ECLはここが違う
・大人も子供も、初心者も中級者も関係ありません
興味があったら一緒に何かをやってみる
そんなゆるーい感じの会です
・英語に関わる人の交流会と勉強会が合わさったような会です
・Project based learningのスタイルを採用しています
イベント中は何をしても構いません
インプット型の学習も、アウトプット型の実践も
レベルに関係なく『あなたのやりたい』が実現できるかもしれません
逆に気分が乗らなければ何もしなくても構いません。
・ECLではプロの英語の先生はいませんが、あなたの目標達成を助けてくれる
専門のサポーターがいます

ECLでは自分たちで学びを設計するために
Emission(発信)
Collaborate(協力)
Learning(学習)の三つを軸にPBL(Project Based Learning)で学びます。

今までも多数のプロジェクトが生まれました
・職場で使う英語表現
・ITの現場で使う英語コミュニケーション
・ドラッガー翻訳
・TED discussion
・English dialogue
・モノポリーで学ぶ英語
・中学英語をイチから復習!
・心理テストから考える自分の学習タイプ
・ダイアログ(単語の暗記について)
・Phonicsで発音を学びなおす
・カードゲームで遊びながら学ぶ英会話
・あなたのラーニングスタイル

学びたい人、支えたい人、話したい人
ECLは多種多様な関わりで会は毎回創られています♪

—————————————————
最寄:JR新宿駅 徒歩5分ぐらい
定員:10名
会費:1,000円
参加方法:
Facebookイベントにて参加表明お願いします
※宗教、ネットワークビジネスなどの勧誘を
目的とした参加はご遠慮頂いています

コメントする

カテゴリー: 活動記録

【英語学習のヒント】完璧な英語

『自分の英語は完璧ではない』
日本人がハードルを下げるのに良く使ってたりしますね
でも先日僕がこれを聞いたのはそう言った英語に苦手意識がある人達ではなく
アメリカ人で教育のプロでもある英語の先生からでした

『いやいや何言ってんの!!!!』
聞いた時はそう突っ込まずにいられませんでした
でもその後もじっくり聞いてみると【アメリカでも地域や状況によって正解が変わる】
ってことを言いたかったのだろうなと今は理解しています

しかしカルチャーショック?でした。。。
だってネイティブに言われたら日本人はどうしたら良いんですか(笑)

話は変わって勉強されてる方に『英語を勉強してどうなりたいですか?』
と質問させてもらうことが良くあります

そんな時によく聞くのが『ネイティブみたいに話せるようになりたいです!』
という答え。
悪いとは言いませんよ、ただ個人的にピンとこないんです(汗)
教材のキャッチコピーなんかにも良く紛れ込んでいるんですけどね。。。

ここでは『ネイティブ』を『完璧』的なニュアンスで使われることが多いように感じますが
面白いことに同じような発言していても上達する人としない人がいます

検証したわけじゃありませんが『俳優・女優・歌手の○○みたいな!』とか
『自分の仕事で使う英語!』とか具体的なイメージ持ってる人は
質問すれば熱く語ってくれたりします。

その一方で、全ての状況、全人類にとっての正しい英語
みたいなのを追っかけてる人は苦戦している人が多いように感じます

先の先生が言うようにそんなもの存在しないと思いますし
上手く方向を定められませんよね(汗)

必要なこと、やりたいことを具体的に認識出来ている人は上達も早いです。

矛盾するようですが上達出来ている人は何も問題ないです
そのまま突っ走ってください。

ただ、上手く言ってない人は『自分の英語』について考えてみても良いかも
語彙が多い、文法が正しい、発音がきれい学生時代から引き継いだ評価軸以外の
自分にとって大切なところに気づけるかもしれません

コメントする

カテゴリー: 活動記録

ECLコンセプト:世代の多様性

二児の父親になって思う
それは『子供と一緒に学べるところがあったら良いな』ということ。

休日に家族を置いて出かけることも少なくはない

子供を親の趣味に付き合わせるのも悪い気がするのだけれど
同じ場所で、それぞれが好きかってに学んでるってのも悪くないのではないだろうか

そんな背景もあって子供の世代に注目してしまうけれども
ECLは最終的には、どこの世代でも関係なく参加できる場にしたい
同じ場所で色々な世代がやりたいことをやりながら学んでる

自分の世代は先輩方からはもちろん若い世代からも学ぶし

子供たちは年上の学生、社会人を見て学ぶ

先輩方も若い人たちから学ぶこともあるだろう

世代を超えて共通の課題をもって一緒に活動する
そんなのも素敵だなと妄想している

今はまだ全然実現していない
でも近いうちに実現したい

コメントする

カテゴリー: 活動記録

ECLコンセプト:アウトプットを意識して学ぶ

0

英語の勉強について個人的な意見を長々と書いてみました
ECLについて少しでも理解してもらえたら嬉しいです

英語を勉強している僕の周りの人たちの目標、行動、そして結果
色々と話を聞いたりしている内に『上手くいっていない理由ってこれじゃないかな?』
と感じたことがあるので、それについて書いてみようと思います。

今回は『アウトプットを意識して学ぶ』
これはECLの基本コンセプトの一つでもあります

ブログ
1、知識(語彙、文法、発音、表現、文化)

2、技術(聞く、話す、書く、読む)

3、実践(友達をつくる、仕事で指示をする etc)

私のようなアラサー世代が語学を習得しようとすると
普通はこういう流れで進めようとするのではないでしょうか
「よし!単語帳を買おう!」から始まって結果挫折することが多い人は少し話を聞いて頂きたい
自分も含めてこのアプローチでの語学習得をめざし1か2のステージで挫折してしまう人があまりに多いように感じます
私にとっては英語自体の知識も英語を使う技術も
それぞれが底なし沼のように奥が深く、しっかり習得しようとすると時間がかかります
忙しい人がやる戦法じゃないんじゃないかなと感じています。

※学生時代のスタイルが自分に合っている、そもそも英文法や表現を研究するのが楽しいという人は別です。

それじゃ、どうしたら良いのでしょうか?

3、実践(海外旅行 etc)

2、技術(聞く、話す、書く、読む)

1、知識(語彙、文法、発音、表現、文化)

私はアプローチを逆にすることで結果的に話せるようになりました
つまり知識と技術の勉強を諦めて最小限にし、実践に飛び込んだのです
今思えばそこが負のループから抜け出せた瞬間だった

当然ボロボロでしたが少ない英語力で何とか出来るという実績は自信を生みました
同時にあの時こう出来ていれば!という失敗は脳裏にこびりつき勉強したことが頭に残るようになりました

今思えば英語を学ぶ動機があやふやだったんだと思います
脳みそが英語=人生に必要ないものと認識していても全くおかしくありませんでした

この状態で勉強をいくらしても、脳のフィルターに片っ端から弾かれていくでしょう
私は実践する場所を無理やり作り出し、アウトプットを意識することで以前より上手く学ぶことが出来ました

時間割♫

時間割♫

今僕らがやっているECL:English collaborative lounge
実践から始まる学習スタイルを再現したくて創った学びの場だったりします

私は無理矢理創ったロープレなどではなく、話したいテーマ、雰囲気でやる対話やボードゲームを通して
学んでいくのが好きです

でもそれが皆に合うわけではないでしょう
なぜなら何に興味を持つかって本当に人それぞれだと思うからです

『英語で何をしたいか何て考えたこともなかったよ』
そんな方には一緒に考える時間も設けています

初めての方にはそこからスタートすることをお勧めしています
「アウトプットを意識して学ぶ」
これは環境や自分自身の性質をしっかり意識して状況と行動を想定し
望みどおりの結果を実現するために知識を学び出来るようにしておくことではないでしょうか

これはあくまで私個人の意見ですが参考にして頂ければ幸いです

—————————————————
日時:3月22日(日) 10:00~14:30
場所:勉強カフェ 青山スタジオ ワークスペース貸切
定員:20名
料金:勉強カフェ会員 無料
ビジター様¥2,160(5時間のドロップイン料金)
申込み方法:
下記のURLにて申込みをお願いします。
勉強カフェ会員は当イベントへの参加ボタンで申込出来ます
http://eventinfo.benkyo-cafe.net/event/10910
—————————————————

コメントする

カテゴリー: 活動記録

第6回 「English Collaborative Lounge」開催:2014.12.27

年内最後のECLの通算6回目の活動が12/27に無事に開催されました!ご参加頂いた皆さま、お忙しい中で共に学びを共有頂きありがとうございました☆途中から参加された方も存分に楽しんで頂けた様で何よりでした。 何と言っても、主催者のお子さん(2歳)も一緒に参加してくれたので場が和み、癒しの時間にもなりました♫今後もお子様連れの参加に期待してます☆(*^^)v

さて、今回も総員9名+幼児1名の参加で開催することが出来ました! ほぼリピーターの方々なので、進行もとてもスムーズでした。(^・^)

先ずは、定番のオープニングとして「本日の参加目的」や「今日やってみたいこと」というテーマで一人ずつアウトプットしていき、一通り案が出てから対話しました。人数的にも二つくらいのグループ分けで良いだろうと始まりました。

0

オープニング♫

「場」に出たキーワードは、「翻訳」「英対話」「文法」などでした。自発的に本日の時間割が決まって行きました。その後、やや後発的に「発音」が仲間入り♫全員のニーズが出そろった所で”Today’s Menu!”は以下の5つ♪

  1. (続)翻訳の秘密を探ろう「新装版:人を動かす 著:デール・カーネギー」
  2. 中学英文法:中学英語(基礎の徹底)
  3. 発音とフォニックス(和製英語じゃ通じない!)
  4. English Dialogue!(とにかく英語で対話してみよう!)
  5. 英語を話す為の基本原則(徹底編)
3

English Dialogue♫

各自が各々でやってみたい事にチャレンジする☆これがECLの特徴です。途中参加で、最後の英対話だけ参加された方も楽しんで頂けました☆何れ立ち上げたいプロジェクトがあるとも話してくれました。 楽しく学びながら参加し挑戦して頂ければと願います。

私はと言えば、後半の途中でだらけてついつい2歳の子と遊んでしまいました☆いろんな事に次々と興味を持つので、子供は面白いです。まさに可能性の塊!私は子供好きでもあるので、こういう時は遊んでしまいます☆(*^^)v

私が参加したのは、以下の3つのプロジェクトです。

  1. (続)翻訳の秘密を探ろう「新装版:人を動かす 著:デール・カーネギー」
  2. 発音とフォニックス(和製英語じゃ通じない!)
  3. 英語を話す為の基本原則(徹底編)

1.(続)翻訳の秘密を探ろう「新装版:人を動かす 著:デール・カーネギー」 続編です。企画担当は私です。今回も、翻訳には名著の「邦題:人を動かす 著:デール・カーネギー」を使いました。英語の原文を参照しながら翻訳を試みました。今回は会場が地下だった事もあり、電波状況がイマイチでした。こんな時は電子辞書の方が強いですね。私はPCの代わりにipadを借りて、翻訳にあたりました。感じたのは「使い慣れていない道具は上手く使えない」という事。翻訳の範囲も狭くなってしまいました。が、その訳に驚かされました。それは文章としての原文の形跡がほとんど無くなっていたからです。例えば、原文では「アメリカで最も悪名高き社会の敵で、シカゴをだまらせるほど邪悪なギャングのリーダー」という一文が「全米をふるえあがらせた暗黒街の王者」と短く意味合いが要約されて、まとまっていて分かりやすくなっています。日本語で翻訳するとはこういう事なのかと大きな発見をしました。どうやら、こうした表現が翻訳者のさじ加減で変わるように思います。毎回少しずつしか進みませんが、こうやって原文がどうだったのかをひも解く事は大切に思います。地味な作業になりますが、友人となら楽しく挑戦出来ます。出来るだけ継続していこうと思います。(^・^)

  1. 発音とフォニックス(和製英語じゃ通じない!)

次に参加したのは、発音とフォニックスについて学びました。英語には日本語にはない母音がいくつかあって、音の範囲も広い事が知られています。日本の授業ではそうした背景を伝えずに、英語の授業が行われているという指摘がされました。苦手な発音が多いのはそうした理由があっての事。一人ひとりの発音が悪い訳では無く、発音の仕方を体系的に学習出来ていないからと判明しました。今回は、書籍を参考にしながら、口の形や開け方を真似て実際に言ってみて、スマホのアプリでチェックするというやり方を実践。発音と発声練習を全員でもやりました。私は発音については海外に良く行っていた友人に習って、ある程度の特訓をしてもらった経験があります。(ちなみにその友人とは連絡がつかなくなって数年が経過。)発音は比較的良い方だと言われてました。でも、話せないのは他に原因があるという所で止まったままです。これを機に発音と文法を学び直せると直感しました。そう言えば高校入ってすぐに英検3級は受かってたのに、なんでこんなに覚えてないんだろう?学ばなかった自分に残念さを隠しきれません。友達や仲間と学ぶって大切だなぁ、だから学友って言うのかと今更ながら思い知った次第です。

1

発音記号とPhonics♫(1)

2

発音記号とPhonics♫(2)

  1. 英語を話す為の基本原則(徹底編)

最後に参加したのは、英語を話す為の基本原則。中学英文法でもお馴染の講師にいろいろ聴いてみました。すると、ようやく自分がなぜ話せないのか?が分かった気がします。それは、日本語の文献を読み漁り日本語の勉強が得意になってしまったから。英語の文章作りの基本は「私は」「です」「何(が)」の順であること。この順番がうまく入れ替えられなくなっている。ここが英文法の基本原則だとようやく気付けたのです。(半年かかって今頃かい?というご指摘もごもっとも!)日本語で国語が得意だと陥りやすい文章の作り方。私的には、作文や感想文を書く事は比較的得意としていました。なのに、なぜ英語では表現できないのか?と思っていました。どうやら、文法の組み換え方法を再インストールする必要があるようです。次に参加する時には、文法から入りたいと思います。 最後にエンディング 今日の参加を通してとこの一年を振り返ってのアウトプットを全員でしました。どの方も目的意識が高く、目指しているレベルがあり、とても触発されました。私に至っては、今頃になって自分の中での英文法が壊れている事に事の重大さを知った次第です(汗)。また、翻訳のような地味な作業は一緒にやってくれる友達や仲間が居ないとなかなか続けにくいというのも事実です。

毎回参加して頂く方々に恵まれ、皆さまに支えられたECLでした。あらためて、ご参加頂きましてありがとうございました!心から感謝します☆

4

ECL活動風景♫

多様性の学びのコミュニティ「ECL」。自分達で面白がって学び、発見や気づきで皆さまのお役に立ちたいといつも考えています。そうして、社会貢献に繋がる活動になる事を祈念して年内最後のブログとさせて頂きます。皆さま、どうぞ良いお年を!

次回のECLは、年始の第一回目は 1月25日に開催予定です。

コメントする

投稿者: | 2014年12月31日 · 4:59 PM

第5回 「English Collaborative Lounge」開催 2014.11.23

先日、11/23にECLの5回目の活動が無事に開催されました!

ご参加頂いた皆さま、お忙しい中で共に学びを共有頂きありがとうございました☆

また次回に、お時間の許す限り是非、ご参加ください!その際には、先ずはご自分の用事を優先して下さいね。もし用事が済んで、途中からでも行っていい?という方は開催時間内であれば、じゃんじゃん遊びに来て下さい。(^O^)/

今回は初参加者3名!をお迎えし、総員9名で開催することが出来ました!

先ずは、定番のオープニングとして「本日の参加目的」や「ECLに期待していること」というテーマで対話しました。初参加で「目的や目標が明確でない」という事も大いにあります。「学ぶことの動機付けは、学ぶこと自体にしかありえない。(P.F.ドラッカー)」と言われるくらいです。学びのきっかけとなる、学びの入口を探しに参加するのはそれだけで、充分な理由になると私は考えます。焦らず、他人と比べず、自分のペースでスタートすればきっと、独自の学びがあるはずです。

オープニング♪

オープニング♪

そうして、参加者それぞれのやりたいことを「場」に出して、個々人のニーズが少しずつプロジェクトとなり、本日の時間割が決まって行きました。初参加者3名の方々を迎え出そろったToday’s Menu!は以下の5つ♪

1.カードゲーム:Dixit!で遊んでみよう

2.英文法:中学英語(基礎の徹底)

3.English Discussion!

4.Documentation.

5.(続)翻訳の秘密を探ろう「新装版:人を動かす 著:デール・カーネギー」

時間割♫

時間割♫

各自が各々でやってみたい事にチャレンジする☆これがECLの特徴です。無理に他人に合わせて行動しなくても良いんです。日本人はとても協調性が高く、文化的にも周囲の人に合わせる事が美徳とされがちです。ECLではその文化も一旦脇に置いて考えています。自分から「やってみたい」や「気になる」という衝動に焦点を当てて参加してください。心のどこかに「つまらないなぁ」「あわないなぁ」が浮かんだら、その場を変えて他のプログラムに参加するのもありありです☆

写真を見てお気づきの方もいらっしゃるかと思いますが、なんと「2. 英文法:中学英語(基礎の徹底)」プログラムは過去に例のない3時間ぶっ通しでした☆講師役はECL企画運営の中心メンバーで英語、ポルトガル語に精通し3ヶ国語を使いこなすバイリンガルです☆本場で通じる英語は、基礎である中学英語にヒントがある事を明快にしてくれます。次回にも期待して下さいね♫(^O^)/

さて、私が参加したプログラムは以下のの3つです。

1.カードゲーム:Dixit!で遊んでみよう
3.English Discussion!
5.(続)翻訳の秘密を探ろう「新装版:人を動かす 著:デール・カーネギー」

  1. カードゲーム:Dixit!で遊んでみよう

ゲームをやりながら、遊びで活性化された脳に英語が自然と馴染む。そんな瞬間を目指しての試みです。まずは、やってみよう!とカードを取り出して、やり方を説明書に従って「3×3」の9枚でやってみました。場に共有された9枚のカードからイメージで1枚選び、その絵を見て、英語で曖昧に説明してメンバーに当てて貰うというもの。何となく、やり方が共有された頃に参加者の方から「カードの数を3×3では無くて、4×4にしたら面白いかも?」とやってみると、難易度も面白みもとたんに増したじゃないですか!こんな型破りってありですね☆表現力とゲームの面白み開発になった気がしました☆

カードゲーム:Dixit!

カードゲーム:Dixit!

  1. English Discussion!

このプログラムにはルールが3つあります。「1.発音は何でもOK!」「2.文法も何でもOK!」「3.話し手を助けるのはOK!(話しを聞くのが先)」と説明があり、最近の自分の体験談を話してみる事になった。ちなみに、このブログを書いてる私は、ECLの運営メンバーの中で唯一、ほぼ日本語でしか話せません。基本的に英語はちんぷんかんぷんです。不思議な事に、話し手が言っている内容は何となくですが、早口で繋ぎ言葉でない場合に限りますが、大体分かります。が、答え方はまるで分かりません。参加したのは、でたらめを言ってしまっても大丈夫だという安心からです。結果的に、話せず終いにはなりましたがもどかしさが残り刺激になりました。きっと、このもどかしさが積り積もって、いつしか起爆剤になるのだろうと期待しています。フィードバックで頂いた言葉は「リアクションワードが出せれば、話すきっかけがつかめるかも?」「ゲームの時はそれなりに言えてたでしょ?」というヒント。何か、ちょっとでも前進出来ればと可能性を感じた時間でした☆

English Discussion!

English Discussion!

  1. (続)翻訳の秘密を探ろう「新装版:人を動かす 著:デール・カーネギー」

最後のプログラムは前回の続編です。「翻訳の秘密を探ろう」というもので、企画担当は私です。とある勉強会に参加した時、日本語訳された本には、訳者の意図が強く表れているものがあり、翻訳のやり方次第では著者の意図や意味合いが微妙に変わっている場合があると聞いたのがきっかけでした。

今回も、翻訳には名著の「邦題:人を動かす 著:デール・カーネギー」を使いました。英語の原文を参照しながら、翻訳を試みました。今日はパソコンを持ち込んだので、1行を丸ごと打ち込んでみました。2人で作業してたのですが、原文にはまったく無い文が一行挿入されているのを発見しました。文節のつなぎとなる文で、文章全体をわかりやすくしているのですが、英語にはそうした文はありません。日本語だからこそなのか、読みやすい文章をと付加されたのか不思議でした。それから、原文では同じ文章が繰り返されているのに、訳文では短く簡略的にまとめられていたのも印象的でした。そして、自分達で発見するって面白いです☆

最後にエンディング

今日、それぞれの企画に参加してみてどんな感じだったか?を対話を通してアウトプットしました。初参加の方々にも「参加してみて良かった。」「勉強になって面白かった。」と感想が聞けてとても嬉しかったです。前職の職場仲間も参加してくれて「人の繋がりって本当に大切だな」とあらためて感謝したのでした。

これがECLです♪

これがECLです♪

毎回発見が多い「ECL」。多様性を重んじる学びのコミュニティ。いろんな人が自分の学びを求めて来てくれたら、いつか英語の枠も取っ払ってそれぞれが面白がって発展していくような気がします!

次回のECLは、年内の〆として12月27日に開催予定です。
乞うご期待ください!

コメントする

投稿者: | 2014年11月26日 · 9:19 PM