第30回:ECL「English Collaborative Lounge」開催レポート 2017.6.18

e

はじめに

読んで頂きありがとうございます!!
ECLの活動レポートです。

第30回となる今回は、いつもとは異なり、開店前の飲食店を使わせて頂きました。
「てっぱん処 おおはた家」さん、ありがとうございます。

時間はいつもより一時間少なくしたため、若干忙しない感もありましたが、皆さんの協力もあり、なんとか形にできました(汗)

今回の時間割

今回の時間割です☆
アウトプット系の活動が多いのはいつもどおりですが、
今回は英語の発音も入って来ました。
□1時間目:Aテーブル:英語の発音
:Bテーブル:ボーナンザ(カードゲーム)
□2時間目:Aテーブル:テーマトーク×マインドマップ
:Bテーブル:アンゲーム(カードゲーム)
□3時間目:Aテーブル:ボーナンザ(カードゲーム)
:カフェ         : 自由活動

今回頂いた感想

今回頂いた感想の一部を紹介させて頂きます
・発音が改善された
・いいたいことを小出しに付け加えていく英語の語順がなんとなくしっくりきた
・楽しかった!もっと話したい!などなど。皆さん英語を楽しんで頂いたようで何よりです。

活動紹介

今回実施された活動の紹介に移らせてもらいます。皆さんの英語学習のヒントになれば幸いです。

■1時間目Aテーブル:英語の発音

124790

台湾から来られた方の発音が綺麗だったので、「教えてくださーい」とお願いしたところ一コマやって頂きました!

幼稚園で習った内容だそうですが、当時を思い出してもらいながら母音・子音の発音について説明してもらいます。自分は他のテーブルに参加していたため、全部を聞くことはできませんでしたが、最後に図解で説明してもらったところ、びっくりしました。

すごい体系的に教えられてるんですね。。。
日本の教育現場では何で使われてないんだろう?なんてことを思わされる授業でした。

体系的に発音を学ぶことの重要性。体形化することで全体像が把握できました。発音記号をカバーするだけであれば1ヶ月もかからないはずです。

知識だけではなく、実際に発音できるかが大事。
そのためには、発音する際の身体の使い方や呼吸など、実際に見せてくれる先生がいるとスムーズです。そうやって教えてもらうのは、思った以上に成果を上げやすい環境だということを思い知らされました。

しばらく発音ブームが続くかもしれませんね。教えてくださった方に感謝です☆

■1時間目Bテーブル:ボーナンザ

8

英語を話すウォーミングアップとして、ボーナンザというゲームを使いました。
カードの引き以上に、交渉の上手さが勝敗を分けます。
熱中して気がついたら英語を話しちゃってた!なんて瞬間を味わえる素晴らしいゲームです(笑)僕は英語の勉強にゲームをよく使いますがその理由は、英語を話すのに必要な恥ずかしさを消してくれること。そして、「ゲームに勝つため」という、英語を道具として使う環境をくれます。自分には合っているやり方だと思うので、今後も楽しくやっていきたいと思います。

■2時間目Aテーブル:テーマトーク

c38dbf84e08f8150d49ded7e11cff3d1_s

「英語以前に、そもそも何を話して良いか分からない!!」
そんな学習者の声は、少なくありません。

英語以前のその問題を解消するために、紙に考えを書き起こしてから話すようにしてみました。もちろん、日常会話で考えをまとめる時間が潤沢にあるわけではありませんが、
課題を一つにしぼるため、そういった意味では有効だったようです。

やり方は、シンプルです。
英語で話す前に、テーマについて考えてることをマインドマップでまとめます。
反省点は、マインドマップと言ってしまったせいで、その書き方に意識が行ってしまったこと。その単語を使わない方が良かったかもしれません。。。

やってみて気が付いたこと
五文型の順番で日本語で考えてみるところからスタートすると、
本当に苦手な人は対応できるかもしれないなってことでした。

次回への布石になったので、これはこれで試してみたいです。

■2時間目Bテーブル:アンゲーム

26406c3a091648e89bf4a39fa2c579e2_s

哲学的な質問も含まれているため、ちょっとした覚悟がいるアンゲーム。
今回はシリーズの中でも、比較的簡単な質問が多い子供用をやられていました。

英語中級者のテーブルとしてやってもらいましたが、
参加されてた方々のレベルはなかなか高そうです(笑)良く聞いたり、良く話したり。
それぞれの課題に応じた楽しみ方をされていました。

■3時間目Aテーブル:ボーナンザ

5人でプレイしましたが、本当に人柄が出ます。
・何もしなくてもカードが集まってくるひと
・有利な提案をしても断わられる人(笑)
自分の生き方を見直したくなるゲームですw

ちゃんと振り返りシートとか使えば立派な研修ツールになりそうです。

■3時間目カフェ:

コーチングをされていたり、プログラミングしていたりと
皆さんがそれぞれやりたいように過ごされていました。
とってもECLっぽくて嬉しいです☆

■その後

テッパン処おおはた家さんで、そのまま二次会へ
ドイツか?ってぐらいのジョッキで生を頂き、今に至ります
終わったらすぐに飲めてしまうので危険ですw

■次回告知

次回のECLは7/30(日)13:00-17:00ぐらいで予定しております。
会場は決まり次第、こちらに告知させていただきます☆

広告

1件のコメント

カテゴリー: 活動記録

第30回:ECL「English Collaborative Lounge」開催レポート 2017.6.18」への1件のフィードバック

  1. ピンバック: のびのび発表できました♪ | 「English Collaborative Lounge」ブログ~日本初コミュニティ・カレッジを目指して~