第23回:ECL「English Collaborative Lounge」開催レポート 2016.10.23

文:イーのん 編集:ひでさん

本日の参加は、最終的には満員御礼の10名となりました。
参加者の方々とニーズを話し合って決めた時間割です♪

◇タイムスケジュール
//////////////////////////////////////////////////////////////////
・1時間目
A room:英語ダイアログ
B room:なし
C room:ヒアリング&TOEIC講座

・2時間目
A room:ディスカッション
B room:ボーナンザ
C room:TOEIC Part7(自習)

・3時間目
A room:Ungame
B room:ボーナンザ
C room:TOEIC Part7(自習)
//////////////////////////////////////////////////////////////////

□英語ダイアログ(1時間)
話せるようになるなら話す練習をすればいい。そんな、至極単純な話ではありますが、
これを日本でやろうとすると色々と課題が見え隠れします。

例えば
・恥ずかしい、失敗が怖くて参加できない。。。
・そもそも練習相手が見つからない。。。
・英語が出てこない。などなど。。。orz。。。

このプロジェクトで我らがちーさんがチャレンジしたダイアログは、
皆さんリラックスした状態で取り組まれていたようです。(極意は秘密だそうで?)

私は残念ながら参加できませんでしたが、笑い声があふれてて本当に楽しそうでした!

話せずに悔しい思いをしてる方もいましたが、それが後で花開きます☆
やっぱり感情って大事です。その想いが実を結ぶはずです♪

□ヒアリング
英語は流行ってる(流行ってた?)せいもあり、なんとなく始めがちです。

余計なお世話だとは思いつつも泥沼にはまらないよう、
ECLでは初参加の方には、ほぼ必ずお話を伺ってます。

話を聞くとTOEICの点数がないことで、募集条件を満たせていないとかで受けられる企業が少ないとのこと。

英語に興味があるわけではないけれど、TOEICをとることのメリットはある。
と断言されたので計画を作らせてもらいました。なるほど!そういう面もありますね、確かに。
□ディスカッション
ディスカッションプロジェクトの主催は私(イーのん)です。
私は短文だと話せるんだけどスピーチみたいに話すのが苦手です。

意見をまとめて話すチャレンジをして身につけていこうという主旨で始めさせてもらいました。

「英語で話す力」という本を使いました。
身近なテーマとそれに対する賛否の意見、あとは意見を言う際のお決まりフレーズを学びます。

テーマを決めて、サンプルの意見を音読してウォーミングアップ、
そしてフリーフォーマットで話を進めていきます。
テーマが「持ち家派か賃貸派か?」みたいな身近なものなので
意見がそれぞれ違って、そこも面白かったなとも感じてます。

話すこと自体には抵抗がない方が多かったですが、
皆さんそれぞれ違う課題が見つかり面白かったです。

私個人の課題をいえば、型破りではなく形無しになってしまっているので、
フォーマットに触れる必要があるなと感じました。
今やってる勉強方法で問題はないと思うので継続して様子を見てみようと思います。

□ボーナンザ(2~3時間目)
ゲームで遊ぶと、楽しい・くやしいなどのリアルな感情が吹き出るので、
それを絡めて英語を身につけられればな~という主旨で買いましたが。。。

さすが、我らがちーさんはナイスな感じで使ってくれました。(笑)

感情表現がするワードがとりあえず出ると、それに続けて話せそう。
そんな感想が聞けてたのが良かったです。

今後も良い感じで表現が増えていきそうですね、
交渉とかも色々なやり方が出てきそうです。

□アンゲーム
質問が書いてあるカードをひいて答えるだけ。
そんなシンプルなゲーム?です。(会話ネタの方が合うかな?)
メンバーがディスカッションしたいメンバーでこちらも盛り上がりました!

次回は11月13日(日)10:30-16:00 勉強カフェ田町スタジオになります。

※今回はすみません、写真無しでした。。。撮り忘れてました。。。

広告

コメントする

カテゴリー: 活動記録

コメントは受け付けていません。