【英語学習のヒント】完璧な英語

『自分の英語は完璧ではない』
日本人がハードルを下げるのに良く使ってたりしますね
でも先日僕がこれを聞いたのはそう言った英語に苦手意識がある人達ではなく
アメリカ人で教育のプロでもある英語の先生からでした

『いやいや何言ってんの!!!!』
聞いた時はそう突っ込まずにいられませんでした
でもその後もじっくり聞いてみると【アメリカでも地域や状況によって正解が変わる】
ってことを言いたかったのだろうなと今は理解しています

しかしカルチャーショック?でした。。。
だってネイティブに言われたら日本人はどうしたら良いんですか(笑)

話は変わって勉強されてる方に『英語を勉強してどうなりたいですか?』
と質問させてもらうことが良くあります

そんな時によく聞くのが『ネイティブみたいに話せるようになりたいです!』
という答え。
悪いとは言いませんよ、ただ個人的にピンとこないんです(汗)
教材のキャッチコピーなんかにも良く紛れ込んでいるんですけどね。。。

ここでは『ネイティブ』を『完璧』的なニュアンスで使われることが多いように感じますが
面白いことに同じような発言していても上達する人としない人がいます

検証したわけじゃありませんが『俳優・女優・歌手の○○みたいな!』とか
『自分の仕事で使う英語!』とか具体的なイメージ持ってる人は
質問すれば熱く語ってくれたりします。

その一方で、全ての状況、全人類にとっての正しい英語
みたいなのを追っかけてる人は苦戦している人が多いように感じます

先の先生が言うようにそんなもの存在しないと思いますし
上手く方向を定められませんよね(汗)

必要なこと、やりたいことを具体的に認識出来ている人は上達も早いです。

矛盾するようですが上達出来ている人は何も問題ないです
そのまま突っ走ってください。

ただ、上手く言ってない人は『自分の英語』について考えてみても良いかも
語彙が多い、文法が正しい、発音がきれい学生時代から引き継いだ評価軸以外の
自分にとって大切なところに気づけるかもしれません

広告

コメントする

カテゴリー: 活動記録

コメントは受け付けていません。